バスタイムにはセルフエステがオススメ

薄着になる季節が近づくと、顔ばかりではなくボディの美白対策も気になってしまうもの。

背中や脇など普段は服で隠れる部分のくすみが目立ったり、毛穴ケアをしなきゃいけないところに気づいたりしますよね。

毎日、顔は美白ケアしているけれど、ボディのスキンケアは後回しになりがちという方も多いのではないでしょうか。

とは言っても、ボディの美白のためにエステに行くなんて、時間がないしお金がもったいないですよね。

そういう方にオススメのホームケアがあります。

 

毎日のシャワータイムやバスタイムを活用すること。これが、時間もお金も節約できるボディケアの究極の方法なんです。

お風呂に入るのは、血行を良くして新陳代謝を高める効果があります。

夏場でも、冷え性があるってご存じですか?

エアコンなどで手足が冷えがちなので、なるべくぬるい湯船に入って汗と老廃物を流すようにしましょう。

 

さて、ボディの中で美白ケアや毛穴ケアが気になる部位はどこでしょうか?

薄着になると腕や足、デコルテラインや背中などが特に気になりますね。特に、背中は汗をかきやすくて、いつも皮脂でベタベタしている箇所です。

私も昔、背中にニキビができて困ったことがあります。ナイロンタオルで念入りに洗いすぎて、肌を刺激してしまって更に悪化させてしまったのですごく悪循環でした。

ボディのキレイを実現するのも、基本的には顔と一緒。

優しく洗って、保湿するというシンプルかつ丁寧なスキンケアが必要になります。

何もトラブルがない肌ならば、定期的にアカスリをして不要な角質を取り除くと、ボディの美白肌を実感できるのではないでしょうか。

もし、トラブルがあるのならナイロンタオルをやめて、シルクなどの肌にやさしい素材のタオルを使うと、肌が正常な状態に戻ってくると思います。

実際、エステシャンの方にアドバイスを受けて、ナイロン製からシルクのタオルに変えたら、私も一ヶ月ほどで背中がキレイになりました。

化学繊維は、人の皮膚よりも強いものなので肌を痛めてしまうそうです。シルクや木綿などであれば素材自体が天然由来のもので弱いので、肌がボロボロになるなんてことはありません。

もし背中ニキビが気になったとしても、神経質になるのが一番よくないんですね。

気になるようなら、体を洗うのにシルクのタオルを使うか、美白ケアで顔に使っているクレイパックなどで背中をやさしくケアしてあげるのがよいでしょう。

 

アカスリと同様の効果があるのが、美白対策のピーリングクリームです。

フルーツ酸などが入った美白効果のあるピーリングクリームは、いらなくなった角質を取り除くのに効果があります。

ふだん顔に使っているものでも、バスルームなら背中に使うことも可能です。

手で届く範囲でも構わないので、やさしくケアしてあげてください。

 

美白効果があるクレイパックや、ピーリングクリーム、ボディソープなどをうまく取り入れて、バスタイムに肌がよろこぶスキンケアをしてあげましょう。