美肌を育むビタミンCローションでオススメは?

皆さんのビタミンCのイメージってどんなものですか?

レモンに入っていて酸っぱくて黄色というイメージを持つ方が多いかもしれませんね。

今も昔も体にいい健康的なものというイメージですが、実際にビタミンCは抗酸化力があってアンチエイジングにも効果的なんです。

確かに、ビタミンc入りのローションなどの化粧品も多いですよね。

 

化粧品に入っているビタミンC。それは厳密に言うと、ビタミンCではなくビタミンC誘導体といわれる成分なんです。

なぜ、ビタミンCをそのまま化粧品に入れることができないのでしょう。

それは、ビタミンCが非常にデリケートな成分だから。すぐに使い終わらない化粧品に入れるには、あまりに不安定な成分なんです。それに、そのままの形では肌にも浸透しないため、それらの欠点を補ったものがビタミンC誘導体になります。

では、ビタミンC誘導体が入った化粧品を使うと得られる美容効果をあげていきましょう。

 

・シミくすみの改善 

ビタミンCは還元作用があるので、メラニンの生成を抑えます。日焼けした後に起こる炎症をしずめる効果もあります。

 

・紫外線対策 

紫外線を受けると活性酸素が体内に発生しますが、ビタミンCはそれを分解するのでダメージを肌に残しません。 

 

・しわ対策 

ビタミンCにはコラーゲンを増やす作用があるので、肌の弾力がアップしてしわが改善します。 

 

・ニキビ対策 

ニキビによってできた毛穴の炎症をおさえて、ニキビ跡が残るのを防ぎます。皮脂の分泌をコントロールするので、使い続けるとニキビ予防にもなります。 

 

・毛穴ケア 

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けることから、肌のターンオーバーを正常なサイクルに整えます。毛穴を引き締めて、きめ細かな肌にします。

 

こうして見てみると、ビタミンCがオールマイティーなものだとわかりますね。

そういえば、ニキビ跡の治療で美容皮膚科にいっていたことがあるのですが、やっぱり皮膚科の医師にビタミンc入りローションをオススメされました。

しばらく使っていたのですが、ドクターズコスメでも乾燥した感じがしたので、ニキビが治ってからは使わなくなってしまいました。

ビタミンc入りのローションを選ぶポイントは、肌質に合うものを見つけられるかどうかにかかっていると言えます。

 

では、ビタミンCが配合された化粧品はどのようなものが人気なのでしょうか。

ビタミンc誘導体が配合された化粧品はたくさんありますが、ビタミンCをそのまま入れることに成功したローションがあります。

口コミで大人気のビーグレンのビタミンCがたっぷり入ったcセラムです。

生のビタミンCをcセラムに配合できたのは、ビーグレン社の薬学博士が考案したテクノロジーのおかげです。

しかも、ビタミンcを小さなカプセルに入れてあるので肌への刺激を最小限にしてくれるのです。

皮膚の奥でカプセルがとどまって長時間ビタミンcの効果を発揮するというのですから、美肌効果が高いのも納得! 

肌が弱いけどスキンケアをしたい方、ピュアビタミンCが入ったcセラムなら肌のお悩みが解決するかもしれませんよ。