美白成分ハイドロキノンって?

美白に興味がある女性は、ハイドロキノンという成分の名前を耳にしたことがある方が多いと思います。

ハイドロキノンは少し前までは処方せんがないと買えない美白効果の高いものでした。日本で入手できないので、わざわざアメリカなどから個人輸入しているという方もいたようです。

今は、4%以下という濃度が低いものなら市販の化粧品にも配合できるようになっています。

美白効果が高いと言われるハイドロキノンですが、どんなメカニズムで私たちの肌にアプローチして美白肌に導いてくれるのでしょうか? 

 

紫外線などのダメージによって、皮膚の下にメラニンが蓄積していきます。

これが、しみやくすみの原因になっています。

一度できてしまったシミを消すには、美白化粧品より医療レーザーの方が効果はあります。

ただし、問題になるのはレーザーを受けた後のダウンタイムなどの問題です。忙しく働く女性にとって、一週間も顔にかさぶたができたり、テーピングをしたりするのはハードル高いですよね。

それを考えると、日々のスキンケアの中に組み込める美白化粧品は魅力的。

ハイドロキノンは、肌の下にあるメラニンを分解する作用があるので、使用を続けるとシミが薄くなると言われています。

 

ただし、ハイドロキノンの効果は濃度に左右されるもの。

高濃度のハイドロキノンは肌への刺激が強いので、敏感肌やアトピーのある方、乾燥が強い方などには注意が必要です。

早く美白肌になりたいからと言って、ハイドロキノンをいきなり顔に塗るのは危険!

濃度が強いものだと、白斑という状態にもなる可能性があります。肌の色が一部分だけ白く抜けてしまったら、美白どころの話ではありません。

強い濃度のものを使う場合は、スポット的にシミのある場所だけに使用するようにしましょう。顔全体に塗るのでしたら、化粧品に入っているような低濃度のハイドロキノンがよいでしょう。

では、しみや美白に効果があると口コミで評判の化粧品はどのようなものがあるでしょうか?

 

ネットでの口コミで評価が高い美白化粧品に、ビーグレンがあります。

QuSomeホワイトクリーム1.9という、ハイドロキノンを配合した製品です。

ビーグレンのホワイトクリームのいいところは、低濃度のハイドロキノンでも効果を高める3つの成分(βホワイト、ハイビスカス花発酵液、ゲンチアナ根エキス)が配合してあることです。

肌に刺激を感じさせない低濃度なのに、ビーグレン独自のテクノロジーによってしみや美白への即効性が感じられるというもっぱらの評判です。

大手コスメサイトの評価は、7点満点中4.9という高評価。「レーザーを使わなくてもシミ取りができた」「顔全体に使って、しみやくすみが薄くなった」という声がたくさんありました。

 

しかし、ハイドロキノンは低濃度でも肌に合わないという方もいらっしゃるようです。

ビーグレンのホワイトクリームは、1800円のホワイトケアトライアルセットに入っていますので、まずはお気軽に試してみてはいかがでしょうか?